1行紹介

犬浦壽信 清心流空手道師範 五段錬士

自己紹介文

「空手とは 人に打たれず 人打たず 事の無きを基(もと)とするなり」を基本理念に、空手道に精進しています。

人間が健全に成長するためには「知育、徳育、体育」の3つの柱が必要です。

空手の稽古をつうじて、技を磨き、体を鍛え、すべての行動・言葉の司令塔「心」を育てる道場でありたいと思っています。