« 「忍」の大切さ | トップページ | 昇級審査練習 »

2014年11月13日 (木)

ちょっとした思いやり

Santakuji20141112001_4Santakuji20141112002_3  今週の一部稽古は基本稽古を中心に、ミットを使って基本技の練習をしました。

 応用編の二部稽古では、11月26日(水)の昇級審査にむけた課題の練習をしました。

 月が変わって、お寺の掲示板には新たに「僻事(ひがごと)は一人なれども万国のわづらひなり」と貼ってあります。

 僻事(ひがごと)とは、道理や事実を曲げる過ちのことです。

一人の過ちは、池に石を落とした波紋のように、本人に止まらず周囲に影響していきます。
波が波を呼んで大きくなることもありますから、注意しなければいけません。

 しかし、良いおこないもまた同じように、本人に止まらず周囲に広がります。
挨拶(あいさつ)のような、相手に対するちょっとした思いやりであったり、小さくても良いおこないの積み重ねが、周囲を和ませ、人を育て、やがて平和な地域・社会につながります。

今週の稽古もお疲れさまでした、押忍。

11月26日(水)に昇級審査会をおこないます。
開始時間はいつもより30分早い、18:00~20:00です


« 「忍」の大切さ | トップページ | 昇級審査練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「忍」の大切さ | トップページ | 昇級審査練習 »