« イメージする力 | トップページ | 大会結果報告 »

2016年6月23日 (木)

キレる予防はできる

Santakuji20160622007Santakuji20160622006Santakuji20160622005Santakuji20160622004
 今週の一部稽古は基本稽古とミット練習をしました。応用編の二部稽古では試合前の調整にミット&スパーリングをおこないました。
ネットやテレビではいりいろな情報があふれています。
しかし、いい加減な情報や、目線が偏ったものも多いので、それを判断する自分なりの基準も必要です。
 
それでも先日、気になる記事を目にしました。
「キレる」人が増えている!!
 
職場で人が減って、仕事の負担が大きくなりストレスがたまりやすくなっているのかな?と思ったら、脳科学からの目線で書かれた記事でした。
 
それによると、キレる原因としてまず大きいのは「(脳の最前部に位置する)前頭前野が未発達であること」や、「前頭前野が不活性であること」が一因にあげられるそうです。

 人間の脳には前頭前野という部位があり、ここが物事全体を把握して、欲望や感情を抑える働きをしている。腹が立つことがあっても、ここは大人の対応をしよう、というような判断を下すのがこの部分。そして、食欲や睡眠欲など動物的な本能を司る大脳辺縁系などが先に発達するのに比べ、脳の中でも最後に成長し、十代の終わりまで発達し続けるそうです。

 脳は使えば使うほど発達するが、使わなければ発達しない。

したがって、子供の頃、我慢や抑制をせずに育つと、この部分の発育が弱くなるそうです

話半分に聞いても、興味深い話だったので、紹介させていただきました。

今週の空手も良い汗かきました!押忍!!

【連絡】
7月16日(土)の夕方から、懇親会のBBQ&花火大会をおこなう予定です。
詳細は後日、お知らせいたします。

 


« イメージする力 | トップページ | 大会結果報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イメージする力 | トップページ | 大会結果報告 »